本文へスキップ

デザイン保護は 人と文化のバロメータ

TEL. 03-3591-3031

〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-4-1

Q&A

当社は、テーブルおよび二つの長椅子とコーナー用椅子を組み合わせた応接家具セットを製造・販売していますが、この度、その新しいデザインを開発しました。模倣品を販売されないために意匠権を取得したいと考えていますが、どのような意匠登録出願をすればよいでしょうか。
 そうですね、応接家具セットとしてまとまりのあるデザインですので、まず、思いつくのは、[図1]の意匠登録例に見られるように、我が国特有の制度である「組物の意匠」の意匠登録を受けられることをお勧めします。
 組物の意匠登録については、意匠法8条に規定されていますが、同条は平成10 年の改正において、組み合わせてセットとして使用される二以上(複数)の物品について、全体の統一感を考慮したシステムデザインや組み合わせてのセットデザインが創作の対象となってきたことから、これらの適切な保護を図るとの制度趣旨によって、組物の意匠(意8条)の規定が「同時に使用される二以上の物品であって経済産業省令で定めるもの(以下「組物」という。)を構成する物品に係る意匠は、組物全体として統一があるときは、一意匠として出願をし、意匠登録を受けることができる。」と改正されました。具体的には、組物を構成する物品の個々が意匠の登録要件を満たしていることが必要であった規定(意8条2項)を削除し、組物全体としての登録要件が新たに規定されました。
 すなわち、組物の意匠登録出願は、通常の意匠登録出願と同様、組物全体として、工業上利用性(意3条1項柱書)、新規性(意3条1項)、創作非容易性(意3条2項)、先願の一部と同一又は類似の後顧意匠の保護除外(意3条の2)、意匠登録を受けることができない意匠(意5条)、先願(意9条)および関連意匠(意10 条)等に関する登録要件の判断がなされます。
 ところで、組物の意匠の意匠権による意匠権侵害の類否判断は、対比する組物の意匠を意匠全体として比較し、その共通点と差異点の総合評価によって行われます。具体的には、@両組物の意匠のそれぞれについて、その統一性の観点を含め、組物全体としての要旨認定を行い、A両組物の意匠全体としての共通点と差異点を摘示し、Bその共通点と差異点が、両意匠の類否判断にどのような影響を及ぼすか総合的に評価し、組物の意匠全体としての類否判断がなされます。
 したがって、組物の意匠全体としての判断となりますので、応接家具セットを構成する個々の物品、すなわち、テーブル、長椅子、コーナー椅子の個々の意匠に意匠権はなくその模倣品に対する権利行使することができず、組物の意匠権の効力を間接的に弱めることになっています。よって、開発されたテーブルの意匠、長椅子の意匠、コーナー椅子の個々の意匠を保護するには、それぞれ個々の意匠について、意匠登録を行う必要があります。
 すなわち、組物の意匠の意匠登録は、個々の意匠の組み合わせや配置方法の意匠的特徴を主として保護するものですので、組物の個々の意匠に、意匠的特徴があるときは、個々の意匠について意匠登録を受ける必要があります。一方、組物を構成する個々の意匠が公知のもので新規性が無いものでも、その組み合わせ方が斬新であれば、意匠登録を受けることができ、組み合わせ方の意匠的特徴について意匠権の行使が可能です。
 以下、組物の意匠の要件について、概説いたします。

1) 経済産業省令で定めるものであること
 組物の意匠として意匠登録出願をすることができる品目について、経済産業省令で定められています。すなわち、意匠法施行規則別表第二に掲載した組物の品目に該当することが要件です。施行規則別表第一の区分に記載の物品は、意匠登録を受けることができる物品の例示ですが、意匠法施行規則別表第二に掲載した組物の品目は限定列挙であり、その品目に該当することが必要であり、「一組の○○○○セット」と記載して、組物の意匠登録出願を行います。

2) 構成物品が適当なものであること
組物の意匠は、経済産業省令で定める組物の品目に該当するものであるとともに、その構成物品についても、組物の品目ごとに別途定められる構成物品の全てを含んでいる必要があり、それ以外の物品を含んでいる場合も、同時に使用される付随的な物品の範囲内であることなど、物品の構成が適当なものでなければなりません。
 なお、組物全体として統一があるものに該当するかについては、@各構成物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合が、同じような造形処理で表されている場合、A構成物品が全体として一つのまとまった形状又は模様を表している場合、B各構成物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合によって、物語性など観念的に関連がある印象を与える場合です。

3) 組物の意匠登録出願と認められないものの扱い
 経済産業省令に定める組物に該当するものであること、構成物品が適当なものであること、全体としての統一があること等の組物の意匠と認められるための要件を欠くものは、一意匠として扱われる組物としての意匠登録出願と認められず、結果的に複数の意匠が集合したものと判断されます。これらは意匠法10 条の2の意匠登録出願の分割の規定に従って一意匠ごとの新たな意匠登録出願とすることができ、適正になされた新たな意匠登録出願は、もとの意匠登録出願の時にしたものとみなされます。
 一方、組物の要件を満たしている組物の意匠登録出願は、意匠法10 条の2の意匠登録出願の分割はできません。

4) 組物の意匠に関する部分意匠の意匠登録出願
 組物意匠の保護の目的が組物全体として統一のある美感にあることから、物品の部分に係る創作を評価する部分意匠を含むものは、組物の意匠の保護の趣旨と矛盾しますので、意匠法2条1項において、「この法律で『意匠』とは、物品(物品の部分を含む。第8条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの、結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。」と規定し、組物の構成物品に部分意匠を含むものは、組物として意匠登録を受けることはできません。

バナースペース

(一社)日本デザイン保護協会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-4-1
虎ノ門ピアザビル8階

TEL 03-3591-3031
FAX 03-3591-0738